子供の脱毛

恵比寿のミュゼプラチナム

女の子を持つ親としては、あまりに毛深いと脱毛させてあげたい…と思う人も少なくないと思います。

ただ、月経が来てから5年は経たないとホルモンのバランスが整わず、肌トラブルを起こしてしまう可能性が高く、
小さい頃から肌荒れと付き合っていかなければいけないかもしれません。
また、主流になりつつある光脱毛は施術したその日は日光を浴びることを厳禁としているので、
まだやんちゃな子どもに日光を浴びないよう注意するのは至難の業だと思います。

 

親がどうしてもとお願いしても断るサロンも多いようです。
子供でも、脱毛できるサロンはありますが、
一時的な脱毛で、毛が生えてくる事は覚悟しないといけないですね。

 

また、病院やサロンなど普段見慣れない格好をした大人たちに囲まれてしまい、
子ども自身の心に大きな負担をかけてしまうかもしれません。普通に生活していたら白衣を着ている大人たちにいきなり囲まれて、
あれこれ聞かれることはありませんので、精神的なダメージが大きい場合もあります。

 

ただでさえ軽い風邪などでも医師や病院を怖がる年齢ですから、
表情には出ていなくてもかなり不安に感じているでしょう。
毛深いというだけで、いじめの対象になったり、精神的なダメージが
大きいのならと、この子のためと考えてチャレンジする親も多いみたいですね。

 

そのときは医療機関やサロンに自分の気持ちを相談してみましょう。
年々子どもへの脱毛をしたいという相談は増えていますから、
相手もきちんと対応してくれるはずですし、そこで適当に交わされるようなら、そのサロンなどは今後も利用を控えた方が良いですね。
また医療機関であればアフターケアもしっかりしていますので、それを考慮して医療機関に確認してみるのも良いでしょう。